行政書士の仕事の内容、報酬をもらえる条件

行政書士の仕事の内容、報酬をもらえる条件

田村が勤める大野行政書士事務所に来たお客さんから、行政書士の業務について尋ねられた時に、田村の先輩である重森や栄田は、次のように答えました。

行政書士の主な業務は、

・お役所や警察に提出する書類の作成や提出手続きの代理
・権利義務や事実証明に関する書類の作成とその代理、相談
・弁護士と違うのは、書類の作成と手続きの代理代行以外は行わない。万が一、なりいきでバァーと業務範囲のことまでやったとしても、一切報酬は頂かない。

とのこと。

住吉美寿々が業務終了時に依頼人に対して言ったセリフは次の通り。

『こちらが今回の内容証明書作成料の請求書になります。なお、交渉・同行は無料ですからね。行政書士は書類作成以外の方法で、法律紛争に関与して報酬をもらってはいけないんです。』

ということで、行政書士という仕事は、あくまでも「書類の作成・代理代行・相談」といった業務以外では、報酬はもらってはいけない職種のようですね。

個人的には、住吉美寿々が田村勝弘に言った次のセリフが印象的でした。

『依頼者に誠実であればあるほど、相手側には血も涙もない鬼と呼ばれる。それが法律家だと私は思いますが。』

法律に携わるということは、すごくシビアなことなのかもしれないですね。