債権者代位権とは

債権者代位権とは

知っておきたい法律用語「債権者代位権」。

債権者代位権とは、債務者が自ら権利を行使しない時、債権者が債務者に変わってその権利を行使することができるという権利。

たとえば、Aさん、Bさん、Cさんの3人がいるとする。

AさんはBさんに400万円貸している。

Aさん(債権者) →【400万円】→ Bさん(債務者)

そして、BさんはCさんに400万円貸している。

Bさん(債権者) →【400万円】→ Cさん(債務者)

AさんがBさんに「この前貸した400万円を返して下さい」と言うと、Bさんは「そんな金をない」と言ったとします。

つまり、Bさんは自分が「無資力」ということを認めたことに。

そこで、Aさんが「でも、あなたはCさんに400万円を貸していますよね?Cさんに貸した400万円を取り立てて、私に返して下さい」とBさんに迫るが、Bさんは諸事情で応じようとしない。

このように、埒が明かない場合、「債権者代位権」によって、Aさんが直接、Cさんに取り立てることができる。

でも、「債権者代位権」はBさん側に借金を返済する余力が全くないという、極めて例外的な場合にしか認めれない。

Bさんは「無資力」を認めてしまったので、「債権者代位権」が行使されてしまう。


【管理人の感想】
なんだかちょっと難しいですが、借金を返済する余力がないこと、つまり「無資力」であることを簡単に認めない方がいい時もあるみたいですね。