被害者がすでに回復していたら、食中毒による慰謝料の相場は5万円くらいが妥当

被害者がすでに回復していたら、食中毒による慰謝料の相場は5万円くらいが妥当

食中毒を起こしたレストランに、後日、被害にあったお客さんたちが数名やってきた。

そして、「食中毒を起こした責任をどうとって頂けるんですか?」と店主に迫る。

店主が「もちろん、責任をとらせて頂きます。」と頭を下げると、被害者たちは「具体的にどういう責任の取り方をなさるんですか」とさらに迫る。

店主は「被害者の方には、治療費の他に慰謝料としてお一人につき10万お支払いします」と言う。

その場にいた行政書士補助者の田村は店主に「大丈夫なんですか?こういう示談金は、5万くらいが妥当ですよ。」と言うが、店主は聞く耳を持たない。

しかし、被害者たちは調子に乗って「たった10万で終わりですか?なんだか、軽く見られているような気がするわ。」と店主に迫る。

そして、被害者の1人が「1人200万円の慰謝料を支払え」と言う。

ここで、今まで黙って聞いていたやり手の行政書士・住吉美寿々が立ち上がり、「ちょっと、あんたたち、つけあがるのもいい加減にしなさいよ。」と被害者たちにキッパリ言う。

そして、被害者たちに向かって、慰謝料の相場について話す。

(1)テレビなどを観ていると、有名人の離婚訴訟の慰謝料なんかは、かなりの額が話題になる。

(2)でも、そもそも慰謝料というものは、案件ごとに違うし、相場というものがある。

(3)たとえば、交通事故で入院しても、自賠責保険から支払われる慰謝料は1日4200円。

(4)今回の食中毒の場合、みなさんはすでに回復されているようなので、せいぜい5万円くらいが妥当な線。

(5)慰謝料200万という数字はどんな計算でされたのか?もしも、根拠のない数字だとしたら、人の弱みに付け込むのもほどがある。


【管理人の感想】
食中毒による慰謝料の相場は、被害者がすでに回復していれば5万円ほどなんですね。

でも、もし、最悪のことになっていたかもしれないという可能性を考えたら、5万円ってすごく安く感じるのは僕だけでしょうか。